佐賀県でおすすめの空き家買取業者6選!価格相場や税金、メリット・デメリットもまとめて徹底解説

佐賀県といえば、何を思い浮かべますか?

社会の教科書でお馴染みの「伊万里焼き」や「吉野ケ里遺跡」はもちろん、お笑いタレント・ミュージシャンである「はなわ」を思い浮かべる…など様々でしょう。

そんな魅力あるスポットや有名芸能人を多数排出してきた佐賀県。

2019年に行われた「移住希望地ランキング」では見事8位に入るほど注目されている一方で、深刻な問題も抱えています。

それは、少子高齢化による「空き家」の増加問題。

人口減少によって、大きな問題として挙がっている「放置空き家」増加の現象。

佐賀県の取り組みとしても、力を入れて問題解決にあたっていますが、こればかりは個人の理解も必要となってきますよね。

今回は、「空き家」を放置することによって起こるデメリットを徹底的に解説していきます!

また、現在所有している「物件」の買取を検討しているかた向けに、佐賀県でのおすすめ買取業者も併せてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

また、不動産の売却を成功させるためには、まず最初の「査定」が鍵を握っているということをご存知ですか?

査定はどの不動産会社に依頼しても一緒!と思い込み、1~2社だけしか査定依頼しないと大きな損をすることもあるのです。

不動産はその時の市場価格に大きく左右されます。

実際、2021年現在では不動産価格が高止まりしていて、10年前と比較するとても高値で売買されている状況があります。

固定された価格ではないため、依頼する不動産会社によって査定額が数百万円違うということもあるのです。

そのため、「適正な相場」を知っていないと大きな損をしてしまうリスクがあります。

例えば、本来の適正価格が4,000万円の不動産を売却しようとしていたとします。

ところが、唯一査定依頼した不動産会社が3,700万円と査定額を出してきたらどうでしょうか?

1社の査定額しか見ていないあなたは、これが適正価格と考えそのまま売りに出してしまうのではないでしょうか。

本来なら4,000万円で売れた不動産なのに、300万円も損してしまったことになります。これでは大損ですね。

不動産を売却するときに一番大切なのは、「適正価格で売りに出すこと」。

では、「不動産の適正価格ってどうやって調べるの?」と思ったあなた。

それは、ずばり「6社以上の不動産会社に査定を依頼すること」です。

1~2社では査定額が偏ってしまう可能性がありますが、6社以上に依頼すれば相場を知ることができ、適正価格を把握しやすくなります。

でも、「6社も査定を依頼するなんて面倒くさくてできない!」と思われたかもしれません。

そこでおススメしたいのが「一括査定サイト」です。

条件に合った不動産会社にまとめて査定依頼できるので、手間を省けて簡単です。

中でも、おすすめなのが大手が運営している下記の3サイトです。

どのサイトも無料で一括査定できます。

HOME4U(NTTデータグループ)

全国で約1,500社に査定依頼できる国内最大級のサイト。550万人の利用実績を誇る。東証一部上場企業「NTTデータグループ」が運営。

 

すまいValue(大手6社が運営)

大手6社(野村の仲介+、東急リバブル、三井のリハウス、三菱地所ハウスネット、小田急不動産、住友不動産販売)査定依頼できる。都心部の不動産におすすめ。

 

イエウール(JASDAQ上場)

地方の不動産会社とも提携しており、全国の不動産会社に査定依頼できる。チャット形式で簡単に査定依頼可能。JASDAQスタンダード市場の「Speee」が運営。

どの一括査定サイトも上場企業が運営しているため、安心して利用できます。

また一括査定サイトと聞くと、「その後の営業電話がすごいんじゃないの?」と不安に思う方もいるでしょう。

しかし、最近ではそのようなしつこい営業電話がなくなるようきちんと対策もとられているため、安心して利用できます。

大きな金額が動く不動産売買。不動産売却で損しないためにも、是非活用してみてください。

それでは本文に入っていきましょう!

HOME4Uで無料一括査定をしてもらう⇒

イエウールで無料一括査定をしてもらう⇒

すまいValueで無料一括査定をしてもらう⇒

佐賀県の空き家率は14.3%

佐賀の空き家率は、14.3%という結果でした。

ちなにみ、こちらの調査、国が5年ごとに実施する調査となっていますが、平成25年度の空き家戸数が43,300戸に対し平成30年度では空き家戸数が50,300戸と約7,000戸増加していることが分かりました。

これは全国平均の約5倍の増加率。

問題が深刻化していることが分かります。

このように、国が率先してランキング付けまで公表している空き家率。

「空き家」となるには、下記の要因があると考えられています。

  1. ①両親などから「物件」を相続したが、維持管理が困難なため放置状態となっている
  2. ②遠方に住んでいるために維持管理が困難である
  3. ③相続人も高齢化しており維持管理ができずにいる

この厳しい状況に、県としても問題解決に向けて力を入れて取り組んでいますが、なかなか厳しい状態が続いています。

※数字については「平成30年住宅・土地統計調査」を参照しています。

HOME4Uで無料一括査定をしてもらう⇒

イエウールで無料一括査定をしてもらう⇒

すまいValueで無料一括査定をしてもらう⇒

空き家は放置しているとデメリットだらけ

「空き家」を放置しておくことで、さまざまな危険性があることをご存知ですか?

近隣住民とのトラブルの原因をつくってしまったり、時には犯罪に利用されてしまう…なんてことも起こりえますよね。

では、具体的に「空き家」を放置していくなかで起こりえるデメリットについて詳しく挙げていきます。

固定資産税が高い

たとえ住んでいない物件でも、所有していることによって「税金」を支払う義務が生じます。

これが「固定資産税」と呼ばれるものですね。

実は、土地の上に住宅が建てられる場合「住宅用地の特例」呼ばれるものが存在し、通常の土地に対する固定資産税の課税標準が1/6へ減額されています。

しかし、平成27年度に行われた税制改革により所有している物件が「特定空き家」に指定されると減額だった適用が除外されることとなってしまいした。

当然、減額されていた分の支払いもしなくてはいけなくなってしまうので、固定資産税が今までより6倍高くなってしまうと感じるわけです。

ちなみに「特定空き家」とは下記の状態の「物件」を指します。

  • そのまま放置していると、著しく保安上危険となる恐れのある状態
  • そのまま放置していると、著しく衛生上有害となる恐れのある状態
  • 維持管理が適切に行われていないことにより、著しく景観を損ねている状態
  • 近辺の生活環境の保全を図るために、放置することが不適切である状態

上記の項目に該当する場合は、「特定空き家」に指定される可能性があります。

ちなみに「特定空き家」と指定された場合には行政を通じて自治体より、「特定空き家」となった原因を改善するべく、所有者に対して指導がとり行われます。

自治体より通知や連絡等があった場合には、速やかに指示に従いましょう。

維持管理が大変

実際に住んではいなくても、「物件」を所有していれば維持管理を行う必要がありますよね。

維持管理をするにはお金も、もちろんかかりますが時間と労力も必要になることでしょう。

下記では、「物件」を維持していくうえで予想される必要経費とそれに関る労力についてまとめてみました。

ぜひ、参考にしてみてください。

【①火災保険】

「物件」を所有しているのであれば、大多数のかたが火災保険をかけていることでしょう。

火災になる原因は、漏電や放火、貰い火などさまざまです。

自分の所有している「物件」は火災にならない、という保証はどこにもありませんよね。

ちなみに、火災保険は所有している「物件」の広さなどによって金額が異なりますが、数万円~数十万円かかります。

決して安い金額ではありませんが、リスクを考慮するとやはり入っておくのがベストでしょう。

【②固定資産税・都市計画税】

先ほどもご説明しましたが、実際に住んでいなくても所有していれば支払いの義務が生じるのが固定資産税と都市計画税。

※都市計画税については自治体で異なります。

固定資産税・都市計画税共に、自治体によって税額は変わりますが平均すると固定資産税で評価額の1.4%、都市計画税で評価額の0.3%ほどの納税が必要となってきます。

「空き家」にしているからという理由で、税金が免除になったり減額になる…という制度はありません。

【③電気や水道などの光熱費】

“たまに訪れる際に使用する”、“兄弟などの集りがある場合に備えて…”などの理由で水道や電気の契約をそのままにしておくかたも多いのではないでしょうか。

確かに、たまに使用することを考えるのであれば契約をそのままにしておくのも1つかもしれません。

しかし、水道料金も電気料金も使用の有無に関わらず基本料金が発生しますよね。

月々にかかる基本料金は微々たるものでも、それが1年、2年、5年…と続くと相当な金額になります。

もし頻繁に使わないようであれば、プランの契約内容の見直しを図るなどをする必要性があるように感じます。

微々たる金額でも払い続けることによって、結果的には大きな金額を支払っているものです。

本当に必要な経費かを見極めましょう!

【④修繕費】

「物件」の年数がたつほど、建物には不具合が生じてくるものです。

修繕をする箇所や範囲によって金額は異なりますが、いずれも専門の業者に修繕依頼をかける必要があるため数万円~数十万円、修繕内容によっては100万円単位での出費となることも…。

【⑤その他の維持管理費】

例えばですが、戸建ての物件の場合では庭木の手入れなどの作業が必要となりますよね。

雑草が伸びてくると近隣住民へのトラブルの要因となるため、こまめに手入れをする必要があります。

自分でできる範囲であれば、除草剤や用具等の購入と多少の出費で済みますが、時間と労力を費やすことになりますよね。

“時間は有限”です。

自分の時間と労力を費やすのであれば、これも立派な維持管理といえるのではないでしょうか。

倒壊の危険

築年数が経った「家」は、老朽化が進みます。

住んでいるのであれば、老朽化した場所にすぐ気づくことができるのかもれませんが「空き家」の場合では、対応するのに時間がかかることがほとんどなのではないでしょうか。

誰かを危険な目に遭わせるようなことになってしまう前に、定期的な点検等の必要があります。

治安の悪化

「空き家」が治安悪化へと繋がっていることは、ご存知ですか?

“誰もいない家”だからこそ、不審者が滞在していたり建物の一部が破壊されている…というケースも数多く報告されています。

それだけではなく、小さい子を連れ込みイタズラに利用していたり違法薬物の栽培などを行っていたりと、自身の知らないところで犯罪に利用されている場合も…。

「空き家」だからといって、放置したままではなく管理を適切に行い犯罪などに利用されないように注意する必要性があります。

HOME4Uで無料一括査定をしてもらう⇒

イエウールで無料一括査定をしてもらう⇒

すまいValueで無料一括査定をしてもらう⇒

空き家を買取してもらうメリットとは?

空き家を買取してもらうメリットについて説明していきます。

空き家買取のメリット

日本では、日々「空き家」が増加しており売却することが難しくなっている現状にあります。

下記では、「買取」についてのメリットを徹底的にご説明していきます!

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

【①古い物件でも早くに売れる】

“古い物件でも早くに売れる!“
これが「買取」の最大のメリットといえるでしょう。

古い物件だと、どうしても買い手を見つけるまでに時間がかかってしまいがち。

時間がかかっても買い手が見つかれば、まだよいですが最悪買い手が見つからない…なんてケースも十分に考えられます。

しかし、「買取」の場合では業者との直接契約となるので、そのような心配は不要です。

平均して売却依頼から1ヵ月ほどで契約成立に至るそうですよ。

【②修繕をする必要がない】

業者にもよるのですが、買取後の物件はリフォームや必要箇所の修繕をして再販売されることが多いものです。

築年数の古い物件は、何かしらの不具合が生じていることの方が多いものですが、買取業者はそれを見込んだうえで契約を交わしてくれる場合が多いでしょう。

ただし、把握している修繕箇所は契約を交わす前に必ず業者に伝えましょう。

【③仲介手数料が必要ない】

仲介業者をとおして交わされる契約には、大概“仲介手数料”が発生します。

ですが、「買取」の場合には仲介業者をとおさず直接、買取業者と契約を交わすこととなりますので仲介手数料を支払うことはありません。

【④内見者の応対が必要ない】

不動産会社によってですが「売却」の場合では、内見者の応対をすることもあります。

買い手がすぐに見つかれば、応対の頻度も少なくて済みますが、買い手が見つからない期間が長くなればなるほど、内見者の応対の頻度も高くなってきます。

また、引っ越しをする前の内見は私生活を覗かれているようで、あまり気が進まないかたも多いでしょう。

その点「買取」の場合は、担当者に1度見せれば済むので売り手側の負担も軽く済みますね。

空き家を売却するのと買取ならどっちがおすすめ?

「買取」を選択しても「売却」を選択しても両者ともに必ずメリットがあればデメリットもあります。

自分にとっては、何が1番大事かという点によって選択肢が変わってきますので一概にどちらがおすすめ…という選別は難しいところです。

下記に、「買取」・「売却」に向いているかたの特徴をそれぞれまとめてみましたので選択をするうえでの参考にしてくださいね。

【「売却」に向いているかたの特徴とは…?】

「売却」の場合は、市場の相場に近い金額で売却することができます。

この点が「売却」の1番の強みといえるでしょう。

ただし、高値での売却に期待ができる一方で買い手がすぐに見つかる保証はどこにもありません。

特に、地方にある「物件」の売却をする場合には、長期戦を覚悟する必要があります。

したがって、「物件」の維持管理を定期的に行うことができて今すぐに現金を必要としないのであれば「売却」に向いているといえるでしょう。

【「買取」に向いているかたの特徴とは…?】

早急に現金が手元に欲しい、遠方に住んでいるために維持管理することが困難である…というかたには「買取」が向いているといえるでしょう。

また、建物の構造で致命的な欠陥があったり事故物件などの特殊な「物件」は、売却できたとしても後々クレームへと繋がる可能性もあるので「買取」に適していると判断できるでしょう。

ただし、上記のような特殊な「物件」の買取依頼をする場合には必ず担当者へ伝えてくださいね。

佐賀県の空き家買取の価格相場

佐賀県の不動産売却の相場価格は、土地が850万円前後、物件が1,650万円前後、マンションが1,200万円前後。

それぞれ、所有している立地や面積などによっても金額は異なりますので参考程度に頭に入れておいてくださいね。

全国的にみると低めの相場となっていますが、佐賀市・唐津市に至っては年々相場が伸びている傾向にあります。

地道な、都市の拡大が実を結びつつある現状だということがいえるでしょう。

HOME4Uで無料一括査定をしてもらう⇒

イエウールで無料一括査定をしてもらう⇒

すまいValueで無料一括査定をしてもらう⇒

佐賀県で空き家の買取をしてくれるおすすめ業者6社

下記では、地域に根付いたおすすめの買取業者をご紹介していきます。

佐賀県の「物件」を所有しているかたは、ぜひ参考にしてください!

佐賀市で空き家の買取をしてくれるおすすめ業者2社

イエステーション佐賀店 株式会社ソロン

県内随一の大規模な不動産会社です。

売買を専門に取り扱っている不動産会社のため、担当者の質が高く安心して最後までお任せすることができます。

取引データも多いので、信頼できる不動産会社ですよ。

会社基本情報

会社名 イエステーション佐賀店

株式会社ソロン

所在地 〒840-0804

佐賀市神野東2丁目2番1号1F

電話番号 0120-238-283

株式会社ミヤタタッケン

佐賀市を中心とした老舗の不動産会社です。

不動産コンサルティングも行っているので、土地の境界をめぐる近隣トラブルなどについても相談することが可能です。

公式のホームページからは、オンライン不動産価格査定を簡単に受けることもできますよ。

気軽に申し込んでみては、いかがでしょうか。

会社基本情報

会社名 株式会社ミヤタタッケン
所在地 〒840-0831

佐賀市松原4丁目2-20

ロマネスク松原1F

電話番号 0952-26-0051

唐津市で空き家の買取をしてくれるおすすめ業者2社

株式会社住まいのかたち

唐津市・伊万里市・糸島市の売買を専門にしている不動産会社です。

営業地域としては、狭い範囲ですが3市の情報量については県内トップクラスの実力といえるでしょう。

また即日対応の接客にも好感がもてますよ。

会社基本情報

会社名 株式会社住まいのかたち
所在地 〒847-0011

唐津市栄町2569-9

電話番号 0955-88-9061

株式会社栗原不動産

東唐津駅、西唐津駅周辺の取り扱いに特化した不動産会社です。

ホームページからWeb査定依頼をすることができるので店舗まで足を運ばずに自宅にいながら情報を集めることができるのが利点です。

会社基本情報

会社名 株式会社栗原不動産
所在地 〒847-0031

唐津市原1471-1

電話番号 0120-75-1471

その他の地域で空き家の買取をしてくれるおすすめ業者2社

株式会社TCI

売り手の希望を第一に考えてくれる不動産会社です。

佐賀県内にとどまらず県外の物件にも対応してくれるとのことなので、気軽に相談をしてみてはいかがでしょうか。

会社基本情報

会社名 株式会社TCI
所在地 〒841-0048

鳥栖市藤木町字若桜2番1

電話番号 0942-85-8170

フクダ不動産

神埼市・吉野ヶ里町・鳥栖市・三養基郡を中心に事業展開している不動産会社です。

親切・丁寧な対応が定評の不動産会社なので、困りごとがあるかたは気軽に相談に訪れてくださいね。

会社基本情報

会社名 フクダ不動産
所在地 〒842-0031

神埼郡吉野ヶ里町吉田666-12

電話番号 0952-53-1785

空き家の買取業者をかしこく選ぶ方法

買取業者を選ぶ際にも、ちょっとしたポイントがあるのをご存知ですか?

下記では、そのポイントについて具体的にご紹介していきますね!

1.複数の業者に査定依頼する

買取依頼をかける際には、必ず複数の買取業者に査定依頼をしましょう。

理由としては、業者によって買取価格の査定に多少の誤差がでるためです。

せっかく「物件」を手放すのであれば、1円でも高く買取をしてほしいものです。

また、近頃では一度に複数の買取業者へ査定依頼をするサービスもあるそう。

こうしたサービスをうまく活用し、自分の理想とする金額に近い買取業者を見つけましょう。

HOME4Uで無料一括査定をしてもらう⇒

イエウールで無料一括査定をしてもらう⇒

すまいValueで無料一括査定をしてもらう⇒

2.空き家の買取実績があるか

買取業者のホームページも、ぜひチェックしてみてください。

ホームページには過去の実績を掲載している不動産会社が多いものです。

実績があるということは、その土地の情報にも詳しいということになりますよね。

納得のいく買取契約を結ぶためには、不動産会社のことも知っておく必要があるでしょう。

3.価格交渉に応じてくれるか

予想していた金額よりも、低い査定金額だった…ということは「買取」ではよくある話です。

担当者が売り手の話を親身になって聞いてくれれば、価格交渉の余地があるので積極的にアピールをしてみましょう。

逆に、担当者が意欲的でないようなら価格交渉は見込めません。

早々に他の不動産会社へ連絡をしたほうが賢明といえるでしょう。

まとめ

佐賀県のみならず、年々深刻化している「空き家問題」。

少子高齢化の影響など、日本の社会問題を反映していますよね。

今回ご説明してきたとおり、「空き家」は放置していても良いことはありません。

自身の現在の生活状況を考えたうえで、今後どうするかの検討をする必要があるのではないでしょうか。

「空き家」の売却自体が、年々厳しくなっている状況です。

もし所有している「物件」の維持管理が困難なようであれば、早めに「買取」などの手を打つのが妥当なのではないでしょうか。

HOME4Uで無料一括査定をしてもらう⇒

イエウールで無料一括査定をしてもらう⇒

すまいValueで無料一括査定をしてもらう⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\不動産売却で後悔しないために!【無料】/
HOME4Uで売却価格を一括査定!