秋田県でおすすめの空き家買取業者7選!価格相場や税金、メリット・デメリットもまとめて徹底解説

日本の空き家は年々増え続け、近年では社会問題にもなっています。

解体費用や固定資産税がネックとなり、空き家をとりあえずそのままにしている方も多いのではないでしょうか?

ですが、平成27年施行の空き家対策特別措置法により、空き家をそのまま放置しておくのは通用しない時代となりました。

特に秋田県は、毎年厳しい冬を迎える豪雪地帯なので、空き家の管理はとても大変です。

秋田県で使う予定のない空き家を所有していて、どうしたらいいのか分からず、困っている方はこの記事を最後まで読んでください。

ここでは、空き家を放置するデメリットや、売却・買取についてなど、空き家に関するさまざまな事を紹介していきます。

また、秋田県で空き家買取りを行っている、おすすめの業者も紹介していきますよ。

また、不動産の売却を成功させるためには、まず最初の「査定」が鍵を握っているということをご存知ですか?

査定はどの不動産会社に依頼しても一緒!と思い込み、1~2社だけしか査定依頼しないと大きな損をすることもあるのです。

不動産はその時の市場価格に大きく左右されます。

実際、2021年現在では不動産価格が高止まりしていて、10年前と比較するとても高値で売買されている状況があります。

固定された価格ではないため、依頼する不動産会社によって査定額が数百万円違うということもあるのです。

そのため、「適正な相場」を知っていないと大きな損をしてしまうリスクがあります。

例えば、本来の適正価格が4,000万円の不動産を売却しようとしていたとします。

ところが、唯一査定依頼した不動産会社が3,700万円と査定額を出してきたらどうでしょうか?

1社の査定額しか見ていないあなたは、これが適正価格と考えそのまま売りに出してしまうのではないでしょうか。

本来なら4,000万円で売れた不動産なのに、300万円も損してしまったことになります。これでは大損ですね。

不動産を売却するときに一番大切なのは、「適正価格で売りに出すこと」。

では、「不動産の適正価格ってどうやって調べるの?」と思ったあなた。

それは、ずばり「6社以上の不動産会社に査定を依頼すること」です。

1~2社では査定額が偏ってしまう可能性がありますが、6社以上に依頼すれば相場を知ることができ、適正価格を把握しやすくなります。

でも、「6社も査定を依頼するなんて面倒くさくてできない!」と思われたかもしれません。

そこでおススメしたいのが「一括査定サイト」です。

条件に合った不動産会社にまとめて査定依頼できるので、手間を省けて簡単です。

中でも、おすすめなのが大手が運営している下記の3サイトです。

どのサイトも無料で一括査定できます。

HOME4U(NTTデータグループ)

全国で約1,500社に査定依頼できる国内最大級のサイト。550万人の利用実績を誇る。東証一部上場企業「NTTデータグループ」が運営。

 

すまいValue(大手6社が運営)

大手6社(野村の仲介+、東急リバブル、三井のリハウス、三菱地所ハウスネット、小田急不動産、住友不動産販売)査定依頼できる。都心部の不動産におすすめ。

 

イエウール(JASDAQ上場)

地方の不動産会社とも提携しており、全国の不動産会社に査定依頼できる。チャット形式で簡単に査定依頼可能。JASDAQスタンダード市場の「Speee」が運営。

どの一括査定サイトも上場企業が運営しているため、安心して利用できます。

また一括査定サイトと聞くと、「その後の営業電話がすごいんじゃないの?」と不安に思う方もいるでしょう。

しかし、最近ではそのようなしつこい営業電話がなくなるようきちんと対策もとられているため、安心して利用できます。

大きな金額が動く不動産売買。不動産売却で損しないためにも、是非活用してみてください。

それでは本文に入っていきましょう!

HOME4Uで無料一括査定をしてもらう⇒

イエウールで無料一括査定をしてもらう⇒

すまいValueで無料一括査定をしてもらう⇒

秋田県の空き家率は13.5%

総務省統計局では、昭和23年から5年ごとに住宅総数や空き家総数など調べ、「住宅・土地統計調査」を実施しています。

秋田県の空き家は、年々増え続け、最新の平成30年の統計では、空き家率13.5%、空き家数は60,000戸で、全国33位の空き家率となっています。

秋田県の空き家は、半数近くが適切な管理がされず、放置されている状態の空き家となっており、景観や治安の悪化や、倒壊などの危険がある為、秋田県独自の空き家対策条例や、解体費用助成制度などを設けて対応しています。

空き家は放置しているとデメリットだらけ

空き家を放置すると、どんどん劣化が進んでしまいます。

一度劣化してしまうと、大規模なリフォームや修繕が必要となるため、再度活用するには、手間と費用がかかり、どんどん難しくなっていきます。

それだけではなく、税金や治安悪化など面からも、数多くのデメリットが発生してしまう事をご存知ですか?

ここでは、空き家を放置することにより発生するデメリットを4つ紹介します。

固定資産税が高い

人が住んでいない空き家でも、毎年固定資産税を支払っていく必要があります。

それほど大きな金額ではないとしても、この先5年・10年とずっと払っていくと考えると無駄に感じませんか?

さらに、建っているだけで危険かつ迷惑な「特定空き家」に指定されてしまうと、固定資産税が今の6倍になってしまう恐れがあるのです。

通常、土地に対する固定資産税は、家が建っていれば「住宅用地の特例」という制度のおかげで税金が1/6になっています。

ですが、特定空き家に指定されると、住宅用地の特例から除外されるため、固定資産税が現在の6倍になってしまうという事になるのです。

《特定空き家に認定される基準》

  1. 屋根や外壁などに問題があり、倒壊の危険がある空き家
  2. ごみなどを放置したことによる、衛生上有害な空き家
  3. 適切な管理がされていないことにより、著しく景観を損なっている空き家
  4. その他周辺の生活環境の保全を図るため、放置することが不適切な空き家

この中のいずれかに当てはまり、各自治体で危険と判断された場合、特定空き家に指定されます。

特定空き家には、このような流れで指定されます。

まずは、自治体に寄せられた苦情などをもとに自治体が調査をし、助言や指導を最初に行います。

助言や指導に従わない場合、勧告(住宅用地の特例の除外)、命令(解体や撤去命令)を行い、最終的に行政代執行(自治体が強制的に取り壊しを行う)がなされます。

このように、すぐに固定資産税が6倍になるわけではありませんが、今後使う予定がなければ、固定資産税が6倍になる前に、売却や買取を考えた方がいいでしょう。

維持管理が大変

特定空き家に指定されない為にも、所有する空き家はしっかり管理しなくてはいけません。

面倒だからといって、放置してしまうと急激に劣化が進み、今後の活用が難しくなってしまいます。

そのため、今後暮らす予定のある方、賃貸活用や売却を考えている方は、しっかり管理する必要があります。

ですが、空き家の維持管理は、想像以上にとても大変なんですよ。

それでは、実際に空き家の維持管理を行う場合、どんなことをする必要があるか確認していきます。

《具体的な空き家の維持管理》

  • 外壁や屋根や窓が、割れやゆがみなど異常や危険がないか点検
  • 換気
  • 通水
  • 掃除
  • 庭や玄関周りの草刈り、木の状態の確認
  • 除雪や雪下ろし
  • ポストの確認 など

これらの管理を定期的に行う必要があり、

点検で異常があれば、お金をかけて修繕を行う必要もあります。

このように、空き家の管理は時間と手間、費用がかかりとても大変なのです。

さらに、空き家が遠方にあれば、特に管理は難しいものとなります。

今後、活用する予定がある場合は、有料の空き家管理サービスの活用も有効的ですよ。

倒壊の危険

空き家の状況によっては、小さな地震や雪の重みで簡単に倒壊してしまいます。

所有する空き家の屋根や外壁が剥がれたり、倒壊してしまったりした場合、隣家や、通行人に当たってしまうと、多額の損害賠償責任を負う可能性があるのです。

空き家を所有する方は、トラブルを起こさない為にも、定期的な点検は最低限行うようにしましょう。

治安の悪化

庭や玄関周りの草が伸びきっていたり、窓が割れていたりするような空き家は、管理されていないことが一目で分かります。

そんな管理の行き届いていない空き家は、犯罪グループの拠点となったり、放火犯の標的となったりするため、地域の治安悪化を招いてしまいます。

また、空き家に、食器や布団がそのままになっている場合は、不審者が住み着いてしまう危険があり、食べ物をそのままにしていれば、猫やイタチなどの動物が住み着いてしまう恐れもあるのです。

実際に人が住んでいない空き家でも、しっかりと除草されポストを綺麗にしているだけで、犯罪者は人の出入りがあることを察するので、治安悪化を防ぐことができますよ。

HOME4Uで無料一括査定をしてもらう⇒

イエウールで無料一括査定をしてもらう⇒

すまいValueで無料一括査定をしてもらう⇒

空き家を買取してもらうメリットとは?

空き家をただ所有しているだけでは、デメリットばかりが発生してしまいます。

思い出が詰まった実家などは、なかなか手放す気持ちになれないことも分かりますが、活用する予定がない場合は、できるだけ早く売りに出すのがいいでしょう。

ここでは、手間と時間をかけず簡単に空き家を売ることができる「買取」を中心に紹介していきます。

「空き家買取」のメリット

空き家を売る場合、大きく分けて「売却」と「買取」2通りの選択肢があります。

それでは、売却と買取について紹介していきます。

《売却》

売却は、不動産業者に買いたい人を探してもらい、買いたい人へ直接販売する、最も一般的な方法です。

売却の最大のメリットは、売却価格が買取よりも高額になる可能性が高い事ですが、状態や立地が悪い場合は、売れるまで何年もかかってしまう事もあります。

また、なかなか買い手が見つからない場合は、売却価格を下げる必要もあるため、売却が必ずしも高額で売れるとは限らないのです。

《買取》

買取は、不動産業者に直接、空き家を買い取ってもらう仕組みのことをいいます。

買取の場合、売却よりも3割ほど売却価格が安くなってしまいますが、そのデメリットを上回る程のメリットが多いのが特徴です。

買取のメリット

1:計画が立てやすい

売却に比べ、買取は、査定後スピーディーに現金化ができます。

売却の場合は、買い手が見つかるまで売ることができないので、いつ空き家を手放せるか、いつ現金を手に出来るかが全く分からず、今後の計画を建てることができません。

それに比べて買取は、査定に納得がいけばすぐ空き家を買い取ってもらう事ができます。

買取は、通常1ヶ月もあれば現金化が可能ですが、早い業者だと3日~7日で買取が完了するところもあります。

そのため、スムーズに空き家を手放し現金化したい場合は、買取がおすすめです。

2:古くてもそのままの状態でOK

売却だと、築年数が古い空き家は、リフォームを行い、状態を良くしないとなかなか買い手が見つかりません。

でも、買取の場合は、築年数が古くても、リフォームが必要でも、そのままの状態で買い取ってもらう事ができます。

それは、買取業者が自社でリフォームを行ったり、解体して土地として販売したりする事ができるからです。

状態によっては、買取を断られる場合もありますが、売却よりも現金化できる可能性が高いですよ。

また、業者によっては、室内にある家具なども、そのまま引き取ってもらう事ができる場合もあります。

遠方に住んでいる方や、忙しく片付けに行くのが難しい方は、このようなサービスの有無も、業者選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。

3:仲介手数料がかからない

売却は、不動産業者が買いたい人を探すため、

買い手が見つかった場合、不動産業者へ仲介手数料を支払う必要があります。

ですが、買取の場合は、不動産業者へ直接空き家を売るため、仲介手数料を支払う必要がありません。

空き家を手放す際に、無駄な出費を抑えたいと考えている方は、売却よりも買取がいいでしょう。

4:周囲に売却したことを知られない

売却の場合は、不動産業者が買いたい人を探さなくてはいけないので、チラシを配ったり、ホームページに売却情報を掲載したり、広告宣伝活動を行います。

そのため、近所の方や知人に、売却したことを知られる可能性が高いのですが、買取の場合は、不動産業者へ直接買い取ってもらうだけなので、近所の方や知人に知られることなく、家を売ることができるのです。

家庭的事情や、金銭的な理由から、家を売りに出してることを知られたくない方は、買取がおすすめです。

空き家を売却するのと買取ならどっちがおすすめ?

所有する空き家を売るなら、できるだけ高額でスムーズに売却するのが理想的ですよね。

急いで空き家を売りたい人は、買取の一択になってしまいますが、時間がある場合は、買取と売却両方で査定してもらうのがおすすめです。

「買取」と「売却」は、それぞれに特徴があるため、買取と売却どちらが自分に合った方法なのか判断してみましょう。

買取が向いている場合

1:売却では売れにくい物件

築年数が古い場合や、立地が悪い場合は、売却ではなかなか買い手が見つかりません。

また、築年数が新しくても、空き家期間が長いと劣化が進み、状態が悪い場合があります。

このような空き家は、売却よりも買取の方が向いています。

2:すぐに空き家を手放して、現金化したい場合

維持管理や固定資産税の支払いなど、手間や時間、金銭的にも大変なので、すぐにでも空き家を手放したい場合は、買取が向いています。

また、急ぎで現金化したい場合も、買取の方が向いています。

3:空き家が遠方にある場合

空き家を売却する場合、内覧希望者がいれば案内が必要になりますし、契約などの際も空き家へ足を運ぶ必要があります。

そのため、空き家と住んでいるところが遠い場合は、売却だと手間と時間と交通費がかかるため、買取が向いています。

売却が向いている場合

1:できるだけ高額で空き家を売りたい場合

売却は、買取よりも高額で空き家を売ることが出来ます。

時間をかけてでも高額で空き家を売りたいと考えている場合は、売却が向いています。

ですが、いつ売れるか分からず、最悪何年かかっても売れない場合もあり、最終的に値下げしなくてはいけない場合もある事を、頭に入れておく必要があります。

2:新しい物件や、状態の良い物件

築年数が新しい場合や、定期的にリフォームや修繕を行い、状態がきれいな場合は、売却でも買い手が見つかる可能性が高いです。

そのため、需要が高い空き家は、高額で売ることが可能な売却が向いています。

秋田県の空き家買取の価格相場

空き家を売る際、一番気になるのが取引価格ではないでしょうか?

古く状態が悪い空き家で、建物に価値はなくても、立地が良ければ予想以上に高額で取引される場合もあるんですよ。

ですが、今回紹介している秋田県は、全体的に地価が安いため、状態の悪い空き家を高額で買取・売却するのは難しいエリアといえるでしょう。

また、秋田県は人口の減少率が全国トップクラスで高く、少子高齢化が進んでいるため、空き家の売却はどんどん厳しくなると見込まれます。

相場としては、築30年以上の古い空き家は、50万円以下での買取が決まる事が多い一方で、500万円以上の価格になることもあり、リフォーム歴などの状態や立地などによって、大きくバラつきがあります。

空き家の買取・売却価格は、築年数・広さ・状態・立地など様々な項目で決定するため、詳しい価格を知りたい場合は、不動産業者へ査定を依頼する必要があります。

HOME4Uで無料一括査定をしてもらう⇒

イエウールで無料一括査定をしてもらう⇒

すまいValueで無料一括査定をしてもらう⇒

秋田県で空き家の買取をしてくれるおすすめ業者7選

空き家を買取ってもらうなら、信頼できる業者さんに高額で買い取ってもらいたいですよね。

ここでは、秋田県内で空き家の買取を行っている、おすすめの業者を紹介していきます。

秋田市で空き家の買取をしてくれるおすすめ業者3社

秋田県の県庁所在地である秋田市は、政治や経済の中心地で人口が多く、不動産取引が最も盛んな地域です。

そのため、空き家買取に対応している業者も多い秋田市で、おすすめの業者を紹介します。

1:不動産買取・売却業者

買取だけではなく、売却や賃貸活用などにも対応してくれる不動産業者は、売主にとって最適な提案をしてくれます。

《会社概要》
会社名  有限会社ベストランド
住所  〒010-0911

秋田県秋田市保戸野すわ町14番7号 1F

電話番号  018-863-9888
《特徴》ベストランドでは、空き家の買取・売却・賃貸活用・リフォームなどさまざまな対応や、空き家問題には付きものとされる相続などの相談も対応可能です。
《会社概要》
会社名  株式会社トラスト・マン
住所  〒010-0918

秋田県秋田市泉南1丁目12番24号

電話番号  018-893-4623
《特徴》トラスト・マンは、秋田市を中心に地域密着で空き家買取・売却を行っています。査定価格の根拠をしっかり示し、安心納得の取引を行う事ができますよ。豊富な実績と確かな知識で、不動産に関する事の相談や査定は丁寧に全て無料で行っています。

2:買取専門業者

空き家の買取専門業者は、買取の実績と知識が豊富なので、スムーズな空き家売却・現金化が可能です。

売却や活用は一切考えておらず買取だけで考えている方におすすめです。

《会社概要》
会社名  株式会社プライムハウス(秋田市不動産買取センター)
住所  〒0101421

秋田県秋田市仁井田本町3丁目12番32号

電話番号  018-893-4466
《特徴》秋田市不動産買取センターでは、秋田市内の不動産買取を専門に行っています。

査定後、最短翌日には買取額の提示をし、契約後、最短3日~30日で現金化が可能です。

買取専門だからできるスピード売却で、スムーズな対応を実現しています。

横手市で空き家の買取をしてくれるおすすめ業者2社

次に、横手市で空き家の買取を行っている、おすすめの業者を紹介します。

1:不動産買取・売却業者

《会社概要》
会社名  株式会社 県南地所
住所  〒019-0506

秋田県横手市十文字町佐賀会字下沖田1-1

電話番号  0182-42-4232
《特徴》県南地所では、横手市に根付いた地域密着の実績と経験で、空き家の買取や賃貸活用など、売主に合った提案をしてくれますよ。

2:買取専門業者

《会社概要》
会社名  株式会社カチタス 横手店
住所  〒013-0063

秋田県横手市婦気大堤字婦気前272-1

電話番号  0182-35-4710
《特徴》カチタスは、空き家買取では国内最大手企業です。高いリフォーム技術で、どんな空き家も生まれ変わらせ再販することができるため、他社で断られた空き家も買い取ってもらえる場合がありますよ。

その他の地域で空き家の買取をしてくれるおすすめ業者2社

秋田県の大都市、秋田市や横手市以外で買取を行っている業者も紹介します。

1:大仙市の空き家買取業者

《会社概要》
会社名  株式会社カシータ
住所  〒014-0016

秋田県大仙市若竹町31番5号

電話番号  0187-88-8567
《特徴》カシータは、大仙市の不動産を積極的に買取し、最短2週間で現金化できるスムーズな対応が人気の業者です。室内に家財道具があっても買取可能なので、遠方に住んでいる方にもおすすめです。

2:由利本荘市の空き家買取業者

《会社概要》
会社名  あかり不動産
住所  〒015-0051

秋田県由利本荘市川口字家妻212-2

電話番号  0184-24-0536
《特徴》あかり不動産は、空き家の売却や買取の専門的な知識を持った経験豊富なスタッフが親身になって対応します。売主にとって最適な提案をしてもらう事ができますよ。

HOME4Uで無料一括査定をしてもらう⇒

イエウールで無料一括査定をしてもらう⇒

すまいValueで無料一括査定をしてもらう⇒

空き家の買い取り業者をかしこく選ぶ方法

空き家を買い取ってくれる業者は意外と多く、どこへ依頼したらいいか悩みますよね。

買取業者の中には、空き家の悩みに漬け込むような悪徳業者も存在します。

ここでは、そんな悪い業者に依頼しない為にも、かしこい業者の選び方を紹介していきます。

1,複数の業者に査定依頼する

空き家を買い取ってもらう際には、必ず3社以上の複数の業者に査定を依頼しましょう。

時間があるのであれば、エリア対応している業者全てに査定依頼するのが一番です。

複数の業者に買取価格を提示してもらう事で、相場が分かり、納得できる価格で空き家を売ることができますよ。

業者によって、家の状態や広さ、立地など、重視する項目が違うので、査定額が驚くほど異なることもあります。

また、買取の場合は、査定価格≒買取価格なので、一番査定価格が高かった業者に依頼するといいでしょう。

ただ、一社だけずば抜けて査定額が高額な場合は注意が必要です。

ほとんどの場合、査定価格≒買取価格なのですが、契約後に解体費用やリフォーム費用など、さまざまな理由で費用を請求してくる悪徳な業者も存在するようです。

このような悪徳な業者に捕まらない為にも、“査定額の根拠”は絶対に確認するようにしましょう。

2,空き家の買取実績があるか

不動産会社によって、得意分野はさまざまです。

空き家の買取を得意としている業者は、実績が豊富で専門的な知識があるため、安心感のあるスムーズな取引が可能です。

実績は、公式ホームページに掲載している場合が多いので、

依頼する際には、一括査定サイトだけに頼るのではなく、必ず公式ホームページも確認してみましょう。

また、実際に空き家を買取してもらった方の口コミを参考にするのもおすすめですよ。

3,価格交渉に応じてくれるか

空き家買取では、価格交渉に応じてくれる場合があります。

業者としては、できるだけ物件を買い取りたい、でも、できるだけ安く買い取りたいと考えています。

そのため、他社の査定結果を見せることで、価格を上げてでも自社で買取りたいと思える物件であれば、価格が上がることもあります。

また、実際に査定価格が上がらなかったとしても、価格交渉でどれだけ親身になって対応してもらえるかも、業者選びでは重要なポイントです。

HOME4Uで無料一括査定をしてもらう⇒

イエウールで無料一括査定をしてもらう⇒

すまいValueで無料一括査定をしてもらう⇒

まとめ

今回紹介した秋田県は、毎年厳しい冬を迎える豪雪地帯です。

そのため、空き家をそのまま放置してしまうと、積雪による重みで倒壊したり、雪解けによる雨漏りで躯体部分に大きなダメージを与えてしまったりと、どんどん劣化してしまいます。

今後、空き家を活用する予定がない場合は、できるだけ早く売却や買取といった手段を選び、周囲に迷惑のかからないよう対策しくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\不動産売却で後悔しないために!【無料】/
HOME4Uで売却価格を一括査定!