栃木県でおすすめの空き家買取業者7選!価格相場や税金、メリット・デメリットもまとめて徹底解説

近年、しっかりと管理されていない“放置空き家”が増加しています。

放置空き家は、街の景観を損ねるだけではなく、防犯面からも見過ごすことのできない問題となってきたことから、

平成26年に「空家等対策の推進に関する特別措置法」が成立し、平成27年に施行されました。

今回紹介する栃木県は、全国で10番目に空き家率の高く、深刻な空き家問題を抱える地域です。

自分以外にも、空き家を放置している人がたくさんいるからといって、そのままにしておくと、想像以上に損をする可能性が。

ここでは、栃木県の空き家事情から、空き家の売却・買取まで、空き家に関するさまざまなことを紹介していきます。

また、不動産の売却を成功させるためには、まず最初の「査定」が鍵を握っているということをご存知ですか?

査定はどの不動産会社に依頼しても一緒!と思い込み、1~2社だけしか査定依頼しないと大きな損をすることもあるのです。

不動産はその時の市場価格に大きく左右されます。

実際、2021年現在では不動産価格が高止まりしていて、10年前と比較するとても高値で売買されている状況があります。

固定された価格ではないため、依頼する不動産会社によって査定額が数百万円違うということもあるのです。

そのため、「適正な相場」を知っていないと大きな損をしてしまうリスクがあります。

例えば、本来の適正価格が4,000万円の不動産を売却しようとしていたとします。

ところが、唯一査定依頼した不動産会社が3,700万円と査定額を出してきたらどうでしょうか?

1社の査定額しか見ていないあなたは、これが適正価格と考えそのまま売りに出してしまうのではないでしょうか。

本来なら4,000万円で売れた不動産なのに、300万円も損してしまったことになります。これでは大損ですね。

不動産を売却するときに一番大切なのは、「適正価格で売りに出すこと」。

では、「不動産の適正価格ってどうやって調べるの?」と思ったあなた。

それは、ずばり「6社以上の不動産会社に査定を依頼すること」です。

1~2社では査定額が偏ってしまう可能性がありますが、6社以上に依頼すれば相場を知ることができ、適正価格を把握しやすくなります。

でも、「6社も査定を依頼するなんて面倒くさくてできない!」と思われたかもしれません。

そこでおススメしたいのが「一括査定サイト」です。

条件に合った不動産会社にまとめて査定依頼できるので、手間を省けて簡単です。

中でも、おすすめなのが大手が運営している下記の3サイトです。

どのサイトも無料で一括査定できます。

HOME4U(NTTデータグループ)

全国で約1,500社に査定依頼できる国内最大級のサイト。550万人の利用実績を誇る。東証一部上場企業「NTTデータグループ」が運営。

 

すまいValue(大手6社が運営)

大手6社(野村の仲介+、東急リバブル、三井のリハウス、三菱地所ハウスネット、小田急不動産、住友不動産販売)査定依頼できる。都心部の不動産におすすめ。

 

イエウール(JASDAQ上場)

地方の不動産会社とも提携しており、全国の不動産会社に査定依頼できる。チャット形式で簡単に査定依頼可能。JASDAQスタンダード市場の「Speee」が運営。

どの一括査定サイトも上場企業が運営しているため、安心して利用できます。

また一括査定サイトと聞くと、「その後の営業電話がすごいんじゃないの?」と不安に思う方もいるでしょう。

しかし、最近ではそのようなしつこい営業電話がなくなるようきちんと対策もとられているため、安心して利用できます。

大きな金額が動く不動産売買。不動産売却で損しないためにも、是非活用してみてください。

それでは本文に入っていきましょう!

HOME4Uで無料一括査定をしてもらう⇒

イエウールで無料一括査定をしてもらう⇒

すまいValueで無料一括査定をしてもらう⇒

栃木県の空き家率は17.4%

総務省統計局では、昭和23年から5年ごとに住宅総数や空き家総数など調べ、「住宅・土地統計調査」を実施しています。

最新の平成30年の統計では、

栃木県の空き家率は、全国で10番目に高い17.4%で、空き家数は約161,000戸という結果に。

全国の空き家率は13.6%なので、栃木県の空き家率は全国的に見ても非常に深刻であるといえます。

前回の平成25年では、空き家率16.3%、空き家数約143,000戸だったので、栃木県の空き家は、5年間の間にも急増してしまったようです。

HOME4Uで無料一括査定をしてもらう⇒

イエウールで無料一括査定をしてもらう⇒

すまいValueで無料一括査定をしてもらう⇒

空き家は放置しているとデメリットだらけ

人が住んでいない家は、劣化のスピードがとても早く、放置するとどんどん資産価値が下がってしまいます。

それだけではなく、不法侵入や不法投棄、放火などのリスクが高くなってしまうため、

放置空き家は、近隣住民の不安へとつながってしまうのです。

ここでは、空き家を放置することで発生するデメリットを4つ紹介します。

固定資産税が高い

土地や建物の不動産を所有すると課税される固定資産税。

地域によっては、固定資産税の他に都市計画税も課税されます。

このとおり、固定資産税は、所有するだけで使用していなくても、毎年かかってしまうお金です。

この固定資産税が、空き家を放置することでなんと6倍になってしまう可能性があることをご存知でしょうか?

通常、家が建っている土地の固定資産税は、「住宅用地の特例」が適用されるため、

土地に対する固定資産税が1/6に減額されています。

でも、危険で迷惑な「特定空き家」に指定されると、住宅用地の特例が適用外となるため、

今の固定資産税の6倍になってしまうという事なのです。

特定空き家は、きちんと管理されていなく、危険で迷惑な空き家と判断された場合に各自治体が指定します。

具体的には、

倒壊等の危険がある状態、ごみ屋敷や猫屋敷など悪臭が発生し衛生上有害な状態、落書きや窓割れなど景観を損なっている状態などが当てはまります。

毎年かかる固定資産税が6倍になると、支払いが大変ですよね。

それ以前に、使用していない空き家に毎年固定資産税を支払っていくのも無駄ではありませんか?

なにより、特定空き家になってしまうと、売ろうとしても大変厳しい状態です。

さらに、行政が強制的に解体などを行う「行政代執行」が行われると、解体費用や撤去費用などを請求される事にもなりかねません。

そのため、今後使用する予定がない空き家は、早急に売りに出すことで無駄な出費を抑えることができるのです。

維持管理が大変

空き家を所有する人は、適切な維持管理を行う事が義務付けられていることをご存知でしょうか?

空き家の維持管理を怠ると、特定空き家に指定されたり、近隣住民から苦情が出たりとトラブルに発展してしまいます。

でも、この空き家の維持管理は、想像以上に大変なんですよ。

《空き家の維持管理》

  • 換気
  • 通水
  • 室内と敷地内の掃除
  • 屋根や外壁にひびや剥がれがないかの確認
  • 雨漏りがしていないか確認
  • 敷地内の草刈り
  • 郵便物の確認  など

このような、管理を定期的に行う必要があります。

また、台風や地震があれば、翌日には倒壊の危険がないかなどを確認する必要も。

空き家の近くに住んでいても大変な“空き家の維持管理”ですが、遠方に住んでいる場合は、ここまできっちりと管理するのはほぼ無理な話ですよね。

そのため、まだ売りに出すことに踏み切れない場合は、空き家管理サービスを利用するのもおすすめです。

倒壊の危険

空き家は人が住んでいない為、劣化スピードが早く、最初は小さなヒビなどの破損でも、放置されることでどんどん拡大していきます。

破損している部分が悪化すると、台風などの強風で外壁が飛散したり、雨漏りで躯体部分が腐ってしまったりして、最終的には倒壊してしまいます。

家の破片などが、隣家や通行人に当たると、多額の損害賠償責任を負う可能性があるのです。

所有する空き家が原因で、けが人や死亡者が出てしまうのは嫌ですよね。

そのため、空き家を所有する人は、最低限、倒壊の危険がないかを定期的に確認する必要があります。

治安の悪化

人の出入りがない空き家は、犯罪者にとって最適な場所です。

実際に、違法薬物の栽培に使用されたり、放火されたり、住み着いてしまうという事件が発生しています。

自分が所有する空き家が、犯罪に使われるのはもちろん嫌ですが、近所の人はもっと不安で怖い思いをする可能性があるのです。

所有する空き家が犯罪者の標的にならない為には、人の気配を感じさせるのが一番。

ポストをきれいにし、敷地内の除草がされていれば、人の出入りがある空き家と分かるので、犯罪に使用されるリスクを下げることができます。

逆に、窓が割れていたり、雑草が伸びきっていたりする空き家は、犯罪者の標的となってしまう事が多いんですよ。

HOME4Uで無料一括査定をしてもらう⇒

イエウールで無料一括査定をしてもらう⇒

すまいValueで無料一括査定をしてもらう⇒

空き家を買取してもらうメリットとは?

空き家の管理は、手間・時間・お金がかかりとても大変です。

そのため、今後空き家を利用する予定がない場合は、早急に売りに出す準備を始めるのが一番ですよ。

ここでは、空き家の買取を中心に紹介していきます。

「空き家買取」のメリット

空き家を売る場合、売主は「売却」と「買取」二つの選択肢があります。

売却と買取は、似ているようで全く違う仕組みです。

《売却について》

売却とは、不動産業者に空き家を買いたいという人を探してもらい、買いたい人に直接空き家を売る仕組みです。

売却のメリットは、買いたい人が見つかれば、買取よりも高額で空き家を売ることが出来ることです。

ですが、買いたい人が見つからなければ、現金化できないので、

値下げを検討したり、不動産業者を変えたりするなど、さまざまな努力が必要となります。

《買取について》

買取とは、買取業者に直接空き家を買い取ってもらう仕組みです。

買取価格は、売却価格の6・7割になってしまいますが、

買取は、このデメリットをはるかに上回るほどのメリットがあります。

買取のメリットを紹介します。

1:すぐに売れる

売却は、買いたい人が見つからなければ、いつまでたっても空き家を手放すことができません。

でも、買取は査定価格に納得がいけば、すぐに空き家を現金化することができます。

2:そのままの状態でも売れる

買取は、業者が状態や立地に合わせて、リフォームや解体をして再販するため、

空き家を売るときにリフォームなど手直しをしなくてもOKです。

また、業者によっては、室内の家具などを引き取ってくれるところもあるので、なかなか片付けに行けない方も買取がおすすめです。

3:仲介手数料がかからない

売却の場合、空き家を買いたい人を探してくれた不動産会社には、報酬として仲介手数料を支払う必要があります。

でも、買取は、直接業者へ空き家を売るため、仲介手数料を支払う必要がありません。

4:古い空き家でも売れる

すべての空き家を買い取ってもらえるわけではありませんが、

古い空き家、状態の悪い空き家、空き家期間が長い空き家は、売却よりも買取の方が売れる可能性が高いです。

空き家を売却するのと買取ならどっちがおすすめ?

実際のところ、売却と買取どちらの方法で空き家を売った方がいいのか、気になりますよね?

空き家の売却と買取は、どちらもメリットとデメリットがあるため、しっかりと特徴を知ることが重要です。

それでは、自分の空き家は、売却と買取どちらが向いているのか判断してみましょう。

買取が向いている人はこんな人

1:すぐに空き家を手放したい人

固定資産税や維持費など、何かとお金のかかる空き家の管理。

そのため、一刻も早く空き家を手放したいと思う人も少なくありません。

空き家を今すぐにでも手放したい人は、売却よりも買取の方が向いています。

また、空き家をすぐに現金化したい人も買取が向いています。

2:所有する空き家が古い

空き家の築年数が古い物件、状態が悪い物件、長期間空き家だった物件は、

売却で買い手が見つかりにくいため、買取が向いています。

3:遠方に住んでいる人

居住地が空き家の遠方にある人は、買取が向いています。

売却の場合は、内覧希望者の案内や売れるまでの管理など、完全に空き家を手放すまで何度も足を運ぶ必要があります。

でも、買取の場合、契約時以外は、何度も空き家へ行く必要がありません。

売却が向いているのはこんな場合

1:新しい物件

築10年以内の物件や、リフォーム歴のある物件、空き家期間の短い物件など、

需要がある物件は、売却がむいています。

売却で買いたい人が見つかれば、買取よりも高額で空き家を売ることができますよ。

2:少しでも高額で空き家を売りたい人

時間がかかっても、高額で空き家を売りたい場合は、売却に挑戦してみましょう。

ただ、一定期間売れない場合は、値引きする必要がある事と、何年かかっても売れない事もあるということを頭に入れておく必要があります。

栃木県の空き家買取の価格相場

空き家を売るなら、できるだけ高額で買い取ってもらいたいですよね。

そのためには、まず相場を知ることが大切です。

栃木県は、全国的に見ると地価の低いエリアですが、宇都宮市に関しては、安定した不動産価値があるため、高額買取が期待できますよ。

具体的な金額は、

築30年以上の古い物件は、500万円以下で売却されることが多いため、買取の場合、売却の6・7割と考えると350万円以下と査定されることが多いようです。

ただ、築30年以内の物件に関しては、1,000万円ほどで売却が決まる事も多いので、空き家をどうしようか悩んでいる方は、できるだけ早く行動に移した方がいいでしょう。

とはいえ、空き家買取の査定は、築年数だけではなく、状態や広さや立地など、さまざまな項目で判断されるので、具体的な金額を知りたい場合は、実際に査定を依頼する必要があります。

HOME4Uで無料一括査定をしてもらう⇒

イエウールで無料一括査定をしてもらう⇒

すまいValueで無料一括査定をしてもらう⇒

栃木県で空き家の買取をしてくれるおすすめ業者7選

空き家を買い取ってもらうなら、信頼できる業者に安心してお任せしたいですよね。

ここでは、栃木県内の空き家を買い取ってくれる、おすすめの業者を紹介します。

宇都宮市で空き家の買取をしてくれるおすすめ業者3社

まずは、栃木県の中心部である宇都宮市で空き家買取を行っている、おすすめの業者を紹介します。

1:空き家売却・買取業者

《会社概要》
会社名  三栄不動産株式会社
住所  〒320-0832

栃木県宇都宮市日の出1丁目6番4号

電話番号  028-636-8104
《特徴》三栄不動産では、地元を熟知した地域密着企業だからこそできる、一人一人のニーズに合った対応を行っています。そのため、初めての不動産売却・買取でも安心してお任せすることができますよ。他社で断られた場合でも、ぜひ相談してみてください。

 

《会社概要》
会社名  アスム株式会社
住所  〒321-0968

栃木県宇都宮市中今泉1丁目13番12号

電話番号  028-666-5366
《特徴》宇都宮市エリアの不動産ならアスムにお任せ。空き地空き家の売却・買取から相続・税金・法律相談にいたるまで、さまざまな疑問を解決してくれますよ。また、月500円~空き家管理サービスも利用することが可能です。

 

《会社概要》
会社名  株式会社武蔵工務店 関東支店
住所  〒321-0952

栃木県宇都宮市泉が丘1丁目15-29 武蔵ビル

電話番号  028-678-6343
《特徴》武蔵工務店では、秘密厳守のスムーズな取引が可能です。なかなか売却が決まらない空き家や、借り手が見つからない古い家でも高価買取してくれますよ。また、丁寧な空き家管理サービスも人気です。

 

小山市で空き家の買取をしてくれるおすすめ業者2社

次は、小山市で空き家の買取を行っている、おすすめの業者を紹介していきます。

1:空き家買取・売却業者

《会社概要》
会社名  株式会社スマイルーム
住所  〒323-0029

栃木県小山市東城南4-6-2 シャトー・グランチェスタ1F

電話番号  0285-31-6789
《特徴》スマイルームは、カフェのような落ち着きのある佇まいで、女性一人でも来店しやすい店内が特徴です。小山市を中心に、適正価格で空き家を買い取ります。

 

《会社概要》
会社名  カイ不動産リアルティ株式会社
住所  〒323-0031

栃木県小山市八幡町2丁目1-7

電話番号  0285-38-9527
《特徴》カイ不動産リアルティでは、売却と買取の他に、一定期間売れなければ買取してもらう事ができる“買取保証”に対応しています。どんな方法で売るのが最適なのか、納得の手段を提案してくれますよ。

 

その他の地域で空き家の買取をしてくれるおすすめ業者2社

宇都宮市や小山市以外にも、空き家の買取を行っているおすすめの業者はありますよ。

1:那須塩原市の空き家買取・売却業者

《会社概要》
会社名  アルシスパートナー株式会社
住所  〒329-3131

栃木県那須塩原市唐杉100番地7

電話番号  0287-74-2708
《特徴》アルシスパートナーでは、那須塩原市・大田原市・矢板市を中心に空き家の買取に対応しています。買取や売却の無料査定や相談など、なんでも気軽に相談可能ですよ。

2:足利市の空き家買取・売却業者

《会社概要》
会社名  株式会社エステート・ワン
住所  〒326-0053

栃木県足利市伊勢町3丁目4番地14

電話番号  0284-44-1691
《特徴》エステート・ワンでは、他社で断られた状態の悪い空き家や、一棟マンションなどの高額物件、買い手が見つかりにくい大きな土地なども買取しているので、使っていない不動産を持っている方は、ぜひ相談してみてください。

空き家の買い取り業者をかしこく選ぶ方法

空き家の買取を行っている業者は、栃木県内にたくさんあります。

でも、買取業者の中には、

相場よりも安く買い取る業者や、契約後に解体費用などと言い、お金を要求してくる業者など、悪徳な業者も存在します。

ここでは、信頼できる業者に空き家買取をしてもらえるよう、かしこい業者の選び方を紹介します。

1,複数の業者に査定依頼する

業者選びで、絶対行ってほしい事は、複数の業者に査定依頼をすることです。

出来れば、エリア対応している全ての業者に査定を依頼するのが一番。

どうして複数の業者に査定依頼をする必要があるかというと、複数の業者に査定を依頼することで、相場が分かり、納得の価格で空き家を買い取ってもらう事ができるからです。

査定価格は、築年数・状態・広さ・立地など業者によって、重視する項目が違うため、業者によって、査定価格の差は50万~100万ほど違う場合も。

また、買取の場合は、ほぼ査定価格が買取価格となるため、一番いい値段をつけてくれた業者に買い取ってもらうといいですよ。

ただし、契約後に解体費用やリフォーム費用といって、後から費用を請求するような悪い業者もいます。

そのため、必ず“査定額の根拠”と“自分たちが支払う必要のある費用”については、確認するようにしましょう。

2,空き家の買取実績があるか

空き家の買取実績が豊富な業者は、安心感のあるスムーズな取引が可能です。

買取実績は、公式ホームページに掲載している場合が多いので、

一括査定サイトだけを頼るのではなく、必ず公式ホームページも確認するようにしましょう。

また、実際に買取を依頼した方の口コミも、非常に参考になりますよ。

3,価格交渉に応じてくれるか

空き家を買い取ってもらうなら、1円でも高く買い取ってもらえる業者にお願いしたいですよね。

空き家買取では、価格交渉に応じてくれる業者も存在します。

方法は、他社の査定見積書を見せてオークション形式で値上げしてもらうのが、一番簡単です。

もちろん、全ての業者が対応してくれるわけではなく、対応してくれない業者が悪いという事でもありません。

価格交渉を持ち掛けた時に、どれだけ親身になって対応してくれるか、どれだけ納得のいく説明をしてくれるかが重要なのです。

HOME4Uで無料一括査定をしてもらう⇒

イエウールで無料一括査定をしてもらう⇒

すまいValueで無料一括査定をしてもらう⇒

まとめ

今回は、栃木県の空き家事情と買取を中心に紹介してきました。

栃木県内は、エリアによって査定価格が大きく異なる地域なので、思っていた以上の買取価格になる方もいれば、その逆も考えられます。

どちらにせよ、時間が経てばたつほど、維持費がかかり査定額も下がってしまうのが空き家です。

価値がなくなってしまう前に、買取や売却に対応している業者に相談してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

\不動産売却で後悔しないために!【無料】/
HOME4Uで売却価格を一括査定!